自己破産は、債務整理の中でも最終手段といえるものです。
なぜかというと、借金の返済義務がなくなる代わりに財産のほぼ全てを手放すからです。
いわゆる差し押さえと呼ばれることから、非常にマイナス・ネガティブなイメージを持つ方が多くいらっしゃいます。
しかし、これはむしろ新しい一歩、人生の再スタートだと思うほうが良いのです。


-そもそも自己破産はレアケース-

そもそもの話、自己破産の手続きをとらなければいけない状況まで借金をするケースというのは相当限られています。
莫大な投資をした事業に失敗してしまっただとか、FXで3億円溶かしただとか、日常ではほぼ起こりえないケースばかりです。
普段皆様の身近にあるキャッシング会社で、今月ちょっとピンチだからお金を借りる程度ではそこまで重い借金にはならないはずです。
もし返しきれない金額になったとしても、個人再生でどうにかなる方がほとんどと言われています。
個人再生でも、借金を1/5にまで減らすなど大幅な減額をすることが可能なので、あとは数年かけてゆっくり元金を返すだけで良いのですから。


-財産も少しは残る-

財産は差し押さえされると冒頭で述べましたが、すべてではありません。
法律によれば20万円未満のものであれば手元に置いても良いという決まりになっています。
もし住居を購入しているのであれば手放すことになってしまいますが、20万円あれば家族もなんとか離れ離れにならずに済むかもしれません。
一方で、職業制限というものもありますが、これは一部の資格職のみが当てはまります。
弁護士や警察など法や国に関する職業はもちろんのこと、医療系も当てはまります。
しかし、サラリーマンなどの一般職であれば何も制限は無いため、場合によっては誰にも知られずに自己破産することも可能なのです。

債務整理をしたらおよそ7年間はキャッシングもクレジットカードの利用もできないといわれています。
自己破産だと7~10年間とも言われています。
その期間中は信用情報に事故情報が掲載されているため、そのようなサービスが停止されるのです。
では、その後の7年はどのような生活を送ったらいいでしょうか。


自己破産したら、とにかくキャッシングに頼らない生活を

一番大事なことは、この7年間で借金に頼ろうとする思考を破棄することです。
最初のうちはちょっとした目的でお金を借りてしまったのかもしれませんが、自らの欲を制御できなくなってしまうとどんどん借金が膨らみ、やがて借金を返すために借金をするという悪循環に陥ってしまいます。
ここまでくるともう手遅れです。
そうならないように、軽率にお金を借りてしまう癖をその期間のうちに封じ込めておきましょう。
自分の稼いだお金だけで生きる、もう二度とキャッシングに頼らないと割り切ってしまうと気持ちが楽になりますよ。


ギャンブルをやっていた人もこの期間のうちに節制生活を始めましょう

賭け事が原因で借り入れを行ってしまったという人は、自己破産後の7年のうちにその習慣を断ち切りましょう。
それが精神的にも負担になるようでしたら、依存者センターなどにいって相談をした方がいいかもしれません。
とにかく節制を心がけ、お金を借りない生活ができるように努めましょう。

自己破産をして借金を帳消しにすると、その代償として手持ちのの財産を手放すことになるという話があります。
これは本当なのでしょうか?


住宅などの財産も手放す必要がある

自己破産をすると、自分が持っているある程度の財産は手放すことになります。
対象になる財産は、20万円以上の貯蓄や住居などです。
貯金は全額を分割して債権者にもある程度支払います。
また、住居は競売にかけられ、買い手が見つかり次第売却となるようです。
買い手が見つかるまではそこに住み続けることができますが、見つかった瞬間に退去しなければなりません。
借金のことで頭がいっぱいかもしれませんが、自己破産をしたらすぐに次の住居を探し出しましょう。


自己破産は人生の再スタート

様々な問題が起こってしまいますが、債務整理はもう一度やり直すチャンスを与えてくれるものです。
これからはどうやったらキャッシングに頼らずに生きていけるかについて考えていきましょう。
実際、自己破産後は5~7年ほどお金を借りることができなくなるので、その期間に考え直していくのが重要です。
ギャンブルにはまっていたという人は、このタイミングで足を洗っておき、もう二度と没頭しないように注意してください。

借金を返せなくなってしまったけれど、すべてを帳消しにする自己破産はリスクが高いからしたくない。
このような考えを持っている人も多いのではないでしょうか。
では、この選択を取りたくないときに行う債務整理にはどのようなものがあるでしょうか?


自己破産以外にも様々な債務整理がある

他にも、任意整理や民事再生といった2種類の手段があります。
任意整理は、返済する借入金を選択し、借金の総額を減らすことができるという手段です。
一方民事再生は、まず裁判所に行き、そこで借入金の減額が認められれば数年にわたってそれを返済していくというものです。
自己破産以外は、債務の返済をしていく必要があるわけですね。
少しでもお金を返していきたいという場合は、こちらをやってみてはいかがでしょうか。


過払い金の有無も確かめる必要がある

債務整理の際に確かめてほしいのが、借金の過払い金があるかどうかです。
もし自己破産をやることになってしまったとしても、返ってくるお金があるとわかったならきちんと返済してもらいましょう。
過払い金には時効があるので、早めに手続きをしてしまうのがいいです。
大事なお金のことですので、管理はしっかりとしておきましょう。

借金の返済がこれ以上できなくなりそうなので、すべての債務を帳消しにする自己破産を選択したい。
しかし、その後の生活でも手持ちのクレジットカードは利用できるのか心配だ。
このようなことを考えている人もいらっしゃるでしょう。
では、債務整理後でもカード生活を行うことはできるのでしょうか?


クレジットカードも信用情報が大事になってくる

自己破産を行うと、カードローン等を利用するのにも重要な信用情報に傷をつけてしまいます。
クレジットカードもこの情報にのっとっているので、債務整理を行った後は利用できなくなる可能性が高いでしょう。
永遠に利用できなくなるというわけではないですが、少なくとも5~7年は信用が回復しないといわれています。
その間はクレカを利用しない生活に徹しましょう。


自己破産後は節制した生活を

整理を行った後は、お金を借りるという選択をしないようにするのが大事です。
クレジットカードも後から返済を強いられるカードですのでついつい利用しすぎてしまいますから、そのようなものと距離を置くのも大切なことでしょう。
また、お金を借りなくても生活ができるか、またできないときはなぜできないのかを一度じっくりと考えた方がいいです。
自己破産後は自分の人生を振り返るチャンスですので、ここでまた新たなスタートを切れるようにしましょう。